FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
朝の挨拶
2021年01月20日 (水) | 編集 |


    我が家は小学生の通学路の道端に建ってる。

    朝洗濯物を干してる時に小学生の団体が通ると

    「おはようございまーす。」 と元気な声が掛かる。

    「おはよう!いってらっしゃーい!。」 と返事を返すが

    小学生の列は家の角から一人一人次々現れるから

    一人一人に挨拶され挨拶を返さなくてはならない。

    「おはよーございまーす!」 「おはよーございまーす!」

    「おはよー!おはよー!おはよー!はいおはよー!」

    小学生の列が通り過ぎるまで返事を返す。


    おばたんはこれが苦痛だ。


    なので洗濯物を干してる時に 小学生のランドセルに付いてる

    熊よけの鈴の音が聞こえてくると サッと玄関に飛び込む。

    熊よけの鈴の音が遠ざかるのを確かめてから出ていって

    洗濯物を干す。陰キャラのおばたんである。


    学校で叩き込まれるあいさつ運動。汚れなき小学生。

    何の疑問も持たず人と見るや挨拶することを使命感としている。

    動くものの気配を逸早く察知し逃さない子供の広い視覚。

    見つかったら最後 挨拶地獄に落とされる。


    無理矢理の満面の笑みで挨拶を返し続けた後は

    真顔に戻って掌で顔の皺を伸ばすおばたんであった。


    奴らが熊よけの鈴をランドセルに付けてることが

    唯一の助けだ。





          ぽちっとな~~。
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
            にほんブログ村




スポンサーサイト





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック