FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
トシコさんと。
2020年01月26日 (日) | 編集 |


    昨日はおばたん公民館掃除のお当番でした。

    年に一回回ってくるか来ないかというお当番。

    いつもは隣のお婆さんジュンコさんと一緒にやってるんだけど

    今回はどこかで順番が変わったのかトシコさんと。

    トシコさん60代、テキパキしててサッパリした性格。

    話しやすくて面白いからおばたんはトシコさんが好き。


    おばたんが掃除機を納戸から出してる時

    トシコさんはカーテンを開け窓を開けてた。 と、

    「うぎゃぁぁぁぁ!!」  トシコさんが叫ぶ。

    「何!?どしたの!?(; ・`д・´)」

    「これ見てみー!!」

    見たらサッシ戸の縁、縦一列にびっしりカメムシが。

    なん十匹いるんだろ?

    こんな狭い隙間にどうやって入り込むんだか。

    殺虫剤をかけて箒でざっと掃い落して

    2人でギャーギャー言いながら駆除。

    先月の掃除当番さん気づかなかったのかな?


    一通り掃除を終えたころトシコさんが

    「トシノブさん(じいちゃん)どうや?」

    「ん~~、ボチボチ・・・。」

    「まだ怒るか?」

    トシコさんは以前じいちゃんと同じ会社に勤めてたので

    じいちゃんがどんな人間かよく知ってる。


    トシコさんの息子さん一家は我が家の斜め裏に住んでる。

    トシコさんの家からはすぐ側でスープの冷めない・・ってやつ。

    で、息子さん(トモヤ君)のお家の洗濯物。

    よく風で物干し台が倒れてしまう。風の通り道なのかな?

    それを見てじいちゃんがトシコさんに電話を掛ける。

    が、トシコさんも働いてるから留守。

    トシコさんが言った。 

    数日前じいちゃんが散歩でトシコさんちの前を通った時

    たまたまトシコさんと出会ったそうな。 そしたらじいちゃん

    トシコさんに

    「トモヤんちの洗濯物よ!
    いっつのかも落ちとるが!
    お前に電話しても出りゃせんし!!」


    「あ~ゴメン。わたしも働いとるもんで家におらんのよ。」

    「どってこって酷いことになっとるが!!」

    トシコさんに怒ったらしい。

    普通そんなことで怒ります?人んちの洗濯物が落ちてる事で。

    家に関係ないじゃん。余計なお世話でしょ。

    トシコさん

    「教えてくれるのはありがたいと思うけどさ~、

    あの言い方が・・・」


    「うん、じいちゃんって物の言い方が悪いよね。

    もっと穏やかに話せばいいのにやたら興奮して

    すぐかッとなるし。頭おかしいわあれ。」


    「そこやさ、言い方ってもんがあるよな~。

    トモヤも一回トシノブさんと谷をやった時


    『30分で一緒におるのが嫌になった。』

    って言っとったわ。」

    「も~、ほんとゴメンねぇ。あのバカは治らんで。」

    「こむぎちゃんようやっとるね。偉いわ。大変やろ。」

    「もう慣れたww」

   
    そこからじいちゃんが義母に暴力振るうことや

    暴言を吐くこと等話した。トシコさん呆れてた。

    で、2人の結論。

    「ま~あれはどうしようもないで
    早ぅ逝ってもらうやわ。」


    で話はまとまったのでありました。


    じいちゃんのことをアレコレ話せるのはトシコさんくらいだから

    話せてスッキリしたわ~。

   


          ポチッとな~(*^人^*)
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村    
スポンサーサイト





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック