FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
嫌悪
2020年02月12日 (水) | 編集 |


   じいちゃんが歯を爪楊枝でほじり、

   左右にすごい勢いで擦るという変な癖が始まったことで

   爪楊枝が驚異的な勢いで減っていく。

   おまけに爪楊枝をへし折り細かくするもんだから

   あちこちに爪楊枝の破片が落ちてる。

   お風呂場の中にまで落ちてる始末。

   足に刺さると危ないからホント止めてほしい。

   寝室の枕の下にも無数の爪楊枝。

   もうあれは病気だとしか言えない。狂ってる。

   寝てる時と食事以外はず~~っと口に手が行ってる。

   見てる方は不快でしかない。

   じいちゃんが棺桶に入った暁には花の代わりに爪楊枝入れてやろう。

   口にもいっぱいねじ込んでおいてあげよう。

   さぞかしよく燃えることであろう。

   なんなら拾った骨も爪楊枝のあの透明な

   ふにゃふにゃなケースに入れてやろうか?

   きっと本人も本望であろう。


   おばたんの予定ではじいちゃんは75歳であの世に逝くはずだったのよ。

   なんで長生きしてんだ?

   だって昔義母が言ったのよ。

   「あの人はそう長生きできんで。」

   おばたん目をキラキラさせてすんごっく期待したのに。

   まだ生きてはりまっせ。なんなん?

   病院の検査でも血圧がちょい高いのと

   心臓に不整脈があることくらいで薬で抑えてるけど

   めっちゃ元気なんすけど!!

   じいちゃん、いつまで生きるん?○| ̄|_

   義母の嘘つき。期待しちゃったじゃないのよ。

   おばたんもうじいちゃんの顔見てるのも玄界灘。


   ひかりなんておばたん以上にじいちゃんを嫌ってる。

   じいちゃんが箸をつけたおかずはもう食べない。

   気持ち悪いって。

   なのでおかずには必ずトングを添えてる。

   ひかり曰く

   「ひかりいくら嫌いな人でも良い所見るようにしてるよ。

   みーちゃん大っ嫌いやけどそれでも良い所2つは言える。

   やけどジジイは良い所一切ない!

   あれ認知症以前に人間としてアウトやわ。馬鹿やも。」



   まったくだ。ひかりもよちよち歩きの1歳の時

   ジジイに思いっきり腰を叩かれ突き飛ばされて

   1メートル吹っ飛んで床をゴロゴロ転がっていったもんね。

   あん時は心底殺意が湧いたわ。


   気に入らなければ叩く。陰でつねる。陰湿。自己中の塊。

   アホなのにプライドは高く見栄っ張り。貧乏なくせして。

   あ~~奴をどうにかしてぇ。ゴルゴ雇いたい。


   ジジ捨て山はいずこじゃー!!(`ノロ´)ノ

   秒で見つけたし♪ って誰か言って~~!


  

       押してちょ~(ノД`)・゜・。          
          にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
          にほんブログ村 
スポンサーサイト