FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
依存
2019年07月31日 (水) | 編集 |


   毎日夕飯後おばたんは3粒の薬を飲む。

   昨日も3種類の薬のシートをプチプチと押して薬を出した。

   が、見ると2粒しか無い。あれ?なんで?誰が居ないんだ?

   老眼鏡をかけてじっと薬を見つめる。

   ドグマチール・コンスタン・・・ パロキセチンが居ない!!

   よりによって一番大事な薬 パロキセチンが消えた!

   辺りを探す。座布団をめくって確かめる。

   無い!無い!無い!無い――!!

   ちょっと待て!落ち着け!空のシートを押したんかもしれん。

   残りの薬と次の受診日までの数をかぞえてみよう!1・2・3・4・・・

   やっぱり1粒足りない・・・出してる・・・○| ̄|_

   焦ってまた座布団をはがして探す。

   一気に不安が押し寄せる。

   どうしよう、どうしよう、1粒足りないってヤバイー!

   あ、いや、もう一回数えてみよう。間違えてるかもしれん!

   おばたんの正面にある壁のカレンダーをめくって次の受診日まで数える。

   何度数えても次の受診日まで1粒足りない・・・。

   ガックリと目を床に落としたら  あった!!

   ぽつんと白い薬が1粒、旦那の座布団の上に転がってた。

   炬燵の上を縦断して落ちたらしい。

   いつの間に転がって行ったんだろ。

   全然気が付かなかった。手品みたいだ((+_+))

   「あったー!お前どこ行ってんだよー!良かったー!」

   大声で独り言を言う。

   薬3粒を掌に乗せてポイッと口に放り込み安堵する。

   
   しかしまぁ、なんと情けないことじゃろう。

   小指の先ほどの小さい薬一粒にこれだけ翻弄させられるとは。

   いかに自分が薬に依存してるかを改めて思い知る。

   薬が無かったらおばたんはまた壊れる。


   もうね、減薬なんて考えない。<(`^´)>

   一生この薬と共に暮らすんだ。

   だって治らないもん。仕方ない。


   は~~、取りあえず見つかって良かった。

   奴らはこっそり身を隠すのが上手だ。

   これからはプチッとする時ガン見して気を付けようっと。

  

 

          プチッとな❤
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村  
スポンサーサイト