FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2018年07月30日 (月) | 編集 |


  バイト先での休憩中、おばたんはみんなに飴を配ってた。

  一人一人の机に 「飴ちゃんどーぞ。」

  飴の袋をゴソゴソしてたら前から人が来た。顔も見ずに

  「飴ちゃんどーぞ。」 と顔を上げたら社長だった。

  社長 「あ、どーも・・・」と飴を受け取った。

  すぐ側に居たコトちゃんが 「ふふふ・・・(^m^)」と笑った。


  
  今日は新しくパートの人が1人入って来た。

  で、指導係のトヨコさんが新人さんの隣に座る事になり

  急遽席替えになった。

  トヨコさんが使う机はおばたんが使ってた机だ。

  この席は窓側で外は川が流れてて涼しい風が入って来るから

  おばたんはここが気に入ってたんだけどな~。

  今度の席は壁際でおまけにすぐ側に休憩時間にみんなが座る椅子がある。

  ってことはこれから眠くても休憩時間に突っ伏して眠れないってことだ。

  だってみんなが話してるその前で1人眠れないっしょ。( ̄∀ ̄;)

  しかもこの席はたま~~に出社するカズちゃんの席だ。

  ひかりとおばたんはカズちゃんのことを密かに 『レアキャラ』と呼んでる。

  「カズちゃんが来たときはどうすればいいですか?」

  と社長に聞いたら

  「ああ、一か月後しか来ないからその間に席を増やすよ。」

  さすがレアキャラだ。 

  席増やすならおばたんそっちに座らせて❤

   たった15分でも 寝たいから!!


  
           押してね~ん❤
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村

  
スポンサーサイト