FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
ちひろくん
2017年10月28日 (土) | 編集 |


    昔々 おばたんが保育園児だった頃のお話し。

  
  園児は入園すると一人一人にマークが振り当てられます。

  おばたんは赤い金魚のマークでした。

  これがおばたんにはものすごく良いマークに思えて気に入り、

  すごくウキウキし、嬉しかったのを覚えてます。

  誰よりもいいマークだ。と大満足してました。

  小さい頃ってそんな些細な事に喜びを感じられたんですね~。

 
  さて、その保育園のトイレはすごく適当なトイレでありました。

  屋根はあるけど壁は無い。吹きっ晒しのトイレ。

  地面にU字溝のブロックが一直線に並べて埋めてあるだけ。

  今思うと 衛生的にどうなん? って思いますけど。時代ですなぁ。

  女の子はそこで用を足します。(確かおしっこ専用のおトイレでした。)

  前に座った子のおしりが丸見え。

  で、女の子がおしっこしてると男の子が冷やかしで見に来ます。

  その時どうするかと言うと みんなで一斉に

  「きゃー!!ちひろくーん!!」 と叫ぶのです。

  するとそこに 正義の味方ちひろくん が走って来て 

  見てる男の子を蹴散らしてくれるのです。

  大の字になって盾となり女の子を庇ってくれます。

  
  この 「きゃー!!ちひろくーん!!」 が叫びたくて

  おしっこしたくもないのにトイレに座ったりしてね。

  ちひろくんはカッコよくて頼りになるヒーローでした。

  キャー!と言えば助けに来てくれる。女の子の憧れですなぁ。

  小さくても女は女だ(笑)


  ちひろくんは残念な事に引っ越してしまい

  今は顔も思い出せません。ちひろ という名前しか覚えていない。

  ちひろくんは今どこで何をしてるんでしょうか。


  「きゃー!ちひろくーん!老後のお金が無いの!
   助けてー!!(:`ノロ´)ノ」





  
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村

  
スポンサーサイト