FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
父の言葉
2016年09月02日 (金) | 編集 |

じいちゃん(義父)は今日も草刈です。

  ほんっと草刈り好っきゃなぁ。前も書いたけどここ他人の土地やし。

また草刈

草を刈ったからといって この土地の所有者に感謝されるでもなし。

しかも暑い日に限ってやりやがる。 アホ丸出しやん。

自分一人で最後までやるならそれもいいけど(ご勝手にどうぞ。)

草を掃く仕事はおばたんに頼む。 

『くっそジジィ毎度毎度たいがいにしろよ

心の中で悪態つきながらも いい嫁ぶりっこのおばたんは

「じいちゃん暑いやろ?水持ってこよか?

「じいちゃん大丈夫?休みながらやりないよ。


優しい嫁を演じる。だって女優だもん。(*´v`)

同居して20年。嘘もつき通せば真実さ ( ̄∀ ̄)




こんなクソジジィ 無視してやればいいんだけど・・・

生前おばたんの父が

「じいちゃんに腹が立っても大事にしてやれよ。

あいつは丁稚奉公で苦労してきとるんやで。」


父とじいちゃんは若い頃は喋りはしないけど知り合いだったよう。

その父の言葉が頭から離れず・・・嘘でも優しく取り繕ってしまうおばたん・・・。

じいちゃんが可哀想だからじゃないです!。

尊敬する父の言葉だからそうしてるだけです。

父が望んでたからそうしてるだけです。


そして今日も心で悪態つきながら草を掃いたおばたんでした。

あーもう!!紫外線がお肌に突き刺さる!!

おばたんの美貌が台無しになるっ!!

クッソジジィめ!!







にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村








スポンサーサイト