FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
たい焼き屋
2015年06月02日 (火) | 編集 |


前回の記事で鯛焼きの移動販売車の事を少し書いたんですが

『鯛焼きって珍しいね』 とのコメントがあり、

全国共通だと思ってたおばたんはカルチャーショーック!。ショック


 まさか・・・鯛焼き売り こむぎ地方だけ?うっそーん!!


 鯛焼き売り おばたんが物心ついた頃からありまして、

テレビ番組で 『泳げたい焼き君』がヒットしてからは

今でも必ずその曲をかけて回ってます。

      たい焼き

 
 その昔 おばたんがまだ小学3年生の頃。

たい焼き屋がやってきました。友達と3人でいたおばたん

たい焼き売りのおっさんが目を離した隙にコッソリ素早く

 3人で販売車の中に忍び込みました。

そのまま移動販売車は次の目的地へ。

目的地に着いたおっさんが後ろのドアを開けると

そこには子供が3人 おっさん 

「うわー!! いつの間に乗ったんや!!」 

めっちゃビックリしてました。

といいつつ放り出すわけにもいかないと思ったのか

「またこっちに戻ってくるからそのまま乗ってろ。」と言い

おばたんたちも鯛焼き売りのお手伝い。

ご褒美にたい焼きのふちの千切っちゃう部分 あれをもらって食べました。

いや~~、いい時代でした昭和だね~~。

村の端まで売りに行って またUターンして家に戻ったのは夕方

降りる時 「もうこんなことしたらダメやぞ。」と言われました。

父と母にもその話をしたら母にはめっちゃ叱られ 父には笑われました。

今ではすごくいい思い出です。楽しかったなぁ♪

たい焼き屋を見ると必ず思い出すエピソードです。

 安眠妨害は腹立つけどね。






にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村



スポンサーサイト