FC2ブログ
五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
狭き門。
2011年09月17日 (土) | 編集 |
昔 おばたんがまだピチピチの若い頃のお話。

ある日、おばたん、仕事の昼休み中、ちょい外出

用事を済ませたら もう昼休みが終わりそうで

焦って歩いてた

そこは 細い路地裏みたいな一本道で、

おばたんの居る場所から会社へ最短距離で行くには 

その道しか無かった。

来た道を戻ればいいのだが、すごく遠回りになる。

てくてく焦って歩いてたら 細い道の真ん中に 数人の人達。

撮影機材やらたくさん置かれていた。

見たら 小柳ルミコはんがドラマの撮影中だった

小柳ルミコはん 小さーーい

なるほど。格子戸くぐり抜けやすそうだわ・・・スルリトネ。(・_・;)。


おっといけない。遅刻するわ。

そのまんま一本道を 我関せずな態度で

突破しようとしたら、

「あー!!ダメダメ!!

突然 AD?がすっ飛んで来て おばたんを押して止めた。

「下がって!下がって!

      ↑
おばたん この言い方にカチン


「はぁ~~~~?

 わたし仕事に遅れそうなんだけど!!(`ロ´)」

AD? 「もう少しだから、待ってて!!」

 無理矢理後ろに後退させられ、立たされた。


冗談じゃないわ!こんな一本道で撮影なんかするな!!

迷惑じゃ!(`皿´)イライラしながら 撮影を待った。

小柳のルミたん、シリアスなシーン。

何やら深刻そうにセリフ言ってた。

しばらくしたら OK出て

AD おばたんに 

[はい。すみませーん。いいですよ通って。」


 超急ぎ足で スタッフの間をすり抜けた



すり抜けながら思った。

 


あんたらほら見て!未来のスターが歩いてるよ。

  わたしをスカウトしてもいいのよ。(´∀ノ)コトワルケド。

ほら、行っちまうよ。ホントに行っちまうよ!

いいんだね!?


・・・・・・・・・・・。




格子戸は意外に狭いのね。

小柳のルミたんよりはイケてたと思うんだけど・・・(-.-)チッ。







 
スポンサーサイト