五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
惚けるということ
2017年10月31日 (火) | 編集 |


   今日の夕飯のおかずに 『ごま鯵のお刺身』 を出しました。

  お刺身には別添えで『すり胡麻』と書いた小袋とお醤油の小袋がありました。

  お醤油の小袋には 『ごま鯵のタレ』 と書いてありました。

  じいちゃんがその2つの小袋をしげしげと時間をかけて見比べ 

  何を思ったか お皿にお醤油の袋をドバー!っと入れてしまい

  「おおおお!!」 自分でびっくりしてる。 

  「こりは胡麻でないのか・・。」

  「じいちゃん、これはゴマ鯵のタレ。ゴマ鯵っていう。」

  「そうか・・・ゴマ鯵か・・オリ(俺)は胡麻やと思って・・・。」

  あ~やっちまった・・・。(ー_ー) 旦那の分のお醤油が無くなった。
  
  あれだけしげしげ見比べて何で『タレ』の文字が理解できんの?

  で、結局胡麻の袋は開けない。 意味分から~ん。

  ほんとじいちゃんは文字に弱い。

  義母はじいちゃんと結婚して一度もじいちゃんが字を書いてるところを

  見たことが無いという。ひょっとしたら自分の名前と住所くらいしか

  書けないんじゃないかっていう疑惑有り。


   じいちゃんはグランドゴルフに時々行きます。

   その案内プリント1枚が届くともう大変。 一日何回も見直します。

   何回見れば気が済むんだ?っつーくらい読んでは置き また読む。

   でも内容が頭に入ってないっぽい。

   義母が 「何日?」 と聞くとしばらく考えプリントを出して見て答える。

   新聞も一日3回は読み直す。

   でも何も頭に入ってない。悲しいねぇ(/_;) 時間の無駄・・。

   
   本人はこの自分の状況をどう思ってるのか分からないけど

   傍から見て完全に惚けが始まってると思う。

   自分で 「オリはおかしくなってないか?」って不安に思わないんだろうか?

   亡くなった実家の父は認知症の症状が出始めた頃苦しんでた。

   おばたんに 「俺は全部忘れていってまう・・。」と目を押さえて呟いた。

   自分が壊れて行くその恐怖に怯えていた。

   おばたんは何を言ってあげたらいいのか戸惑いました。 

   父が可哀想で堪りませんでした。

   
   でもじいちゃんは自覚も恐怖も無いみたいで平気な顔してる。

   
   じいちゃんは幸せなのかもしれない。

   父のように自覚できないんだから恐怖も無い。

   おばたんは父の苦しみを見てたから

   じいちゃんの能天気な姿を羨ましいとも思える


   
          よろしければポチッと
          お願いしますぅ

          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村   

   

    
スポンサーサイト

反省・・でも愚痴
2017年10月22日 (日) | 編集 |

  
   いや~昨日は腹立ってじいちゃんの悪口ばかり

  読んだ方も気分悪かったかな?なんて思ってしまった。

  言霊ってあると思うから・・・ひどいこと言っちゃダメ。反省。(。-_-。)

  でも ブラジルから助走つけて走り、じいちゃんに思いっきり

  飛び蹴り食らわしたい
 気持ちはありますけどね。

  ==ヾ(▼皿▼メ)=θ☆ドカッ(ノ □ )ノ ゚ ゚ ←本当に反省してんのか?

  あ~ホントおばたん小っせーわ~。(つД`)


  義母がね、 「本当にこの歳やけど離婚したい。」 って言ってた。

  おばたんが 「同じ墓にも入りたくないんやない?」 って聞いたら

  「うん、入りとーない。」

  安心して義母。 義母とじいちゃん 同じ墓には入れないから。

  新しいお墓を作って義母とおばたん夫婦、子孫が入れるようにする。

  おばたんだってじいちゃんと同じ墓なんて入りたくない。

  いっそ義母には本当に離婚してほしいとさえ思う。

  あんな酷いことするけどじいちゃんは義母が居ないと何も出来ない。

  義母に頼り切っている。というかそれが当然だと思ってる。

  じいちゃんには本当に心の底から反省するような何かが起きなければ 

  人間として何も成長することなく バカのまま死んでいくと思う。

      (あ、また酷い言葉使った。)

  もう金輪際じいちゃんと係わりたくない。

  あの世でも会いたくない。みんなそう思ってる。

  じいちゃんの娘たちでさえ

  「あんな奴の娘やと思うと情けなくなる。」 って言ってる。

  可哀想な人だと思うけど 全部自分で蒔いた種だからね。

  じいちゃんさえ穏やかで優しい人なら 

     おばたん心からお世話できるのに・・・。

  みんな別れも泣いて惜しんでくれると思うよ。

  何とかじいちゃんが改心する機会がないだろうか・・・

     もう80歳・・・ ん~~ 無いな!。


   結局また愚痴るおばたんなのであった・・。すんませーん!!


  台風ですね。これから上陸する地域の方々お気を付けて。

  何事も無く去ってくれますように。(>人<)

  

  

            にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村  


   

切れたじいちゃん
2017年10月21日 (土) | 編集 |


    何度も書いてるけど・・・。

  先月上旬、二日酔いで10日ほど寝込んだじいちゃん(義父)

  散々義母に怒られ嫌味を言われ多少懲りたのか

  元気になって10日程は晩酌無しで夕飯を終えてた。

  やれやれ、やっとお酒をやめてくれたか・・・ と思ったけど

  やっぱりね。そんな簡単にいくわきゃない。

  先日は義母がお使い用に買ってあった焼酎を勝手に開けて飲み

  義母と大喧嘩した。2リットルの焼酎をストレートで飲み

  たった6日で飲み干した。 

  その後は自分で自販機までビールを買いに行き、

  毎晩1缶飲んでたけど とうとうビールを買うお金も無くなり

  昨日義母に 「金を出せ!」

  義母が 「絶対出さん!!」 と断るとあのクソジジイ

  「金を出せって!! 

  と怒鳴ると杖を思いっきり義母の前に叩きつけた!。

  顔が鬼のように恐くて これは叩かれる。と思った義母は

  仕方なく千円を渡した。 

  「これでは足りん!!」

  「足りるわ!!

   
   じいちゃんがやった事 これDVよね。脅迫よね

   こんなジジイ 逮捕されればいいのに!!

   豚箱で禁酒すればいいんだ!!マジ腹立つ!!

   じいちゃんの頭の中はお酒の事でいっぱい。アル中かよ!!

   昔から人目のない所で義母を殴って来たじいちゃんだから

   ほんと義母が杖で殴られても不思議はない。

   殴られなくて良かった・・・。 骨がもろくなってる義母には

   致命傷にさえなるかもしれないんだから。


   こんな最低な奴が家族だなんてホント最悪。

   言ったらいけない言葉だけど言いたくなる

   早くお陀仏してほしい!!

    家族・親族みんなで万歳三唱であの世へ送り出したるわ。

   
    じいちゃん 大っ嫌い!!

   


           押してもらえると嬉しいです
           にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
           にほんブログ村 
           にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
           にほんブログ村

 

抜けないコンセント
2017年10月14日 (土) | 編集 |


  10日ほど前から浄化槽のブロアーからピーピーと警報音が鳴ってる。

 時々点検に来る業者に一週間ほど前に電話したら モスモース(・ロ・)ヽ 

 「今日明日中には行きます。中のコンセントを抜いておいて下さい。」

 言われた通りコンセントを抜こうとしたけどこれが全ッ然!抜けない。

 渾身の力で引っ張っても 「んー!!(:`^´)ゞ」

 ガタガタ左右に揺すっても抜けない。 なんなんよこれ!

 旦那は仕事で不在だし じいちゃん(義父)に事情を話し

 「コンセントが抜けん。」 と言ってみた。

 じいちゃん 「オリ(俺)がやるでいいわい。」

 でも、じいちゃんもやってみたけどコンセントは抜けない。

 「なんでや~?こんなことは初めてやが・・なんで抜けんじゃ?」

 ドライバーを持ち出し分解に挑むじいちゃん。 ハラハラ・・(・_・:)

 でも結局抜くことは無理で諦めた。

 
  夜帰宅した旦那に言うと

 「あのコンセントはクイッと回せば抜ける仕組みなの。

  おじぃの奴そんなことも忘れたんか?ほんとダメやな~。」



   次の日点検の業者がやってきて直してくれた。

 ・・・はずなのに 警報音はまだ鳴っていた。

 何をどう直したんだ?


  業者にまた電話した。 おばたんには「今日明日中に行きます。」

 という返事だったけど その後階下の義父母に業者から電話がきたもよう。

 じいちゃんが電話に出たんだけど切った後

 「なんや部品がどうのって言っておったが・・・。」

 今聞いたばかりのあちらの話しを全然覚えていない。

 「今日来てくれるの? 部品が入らんと来れないの?どっち?」

 「ん~~なんじゃ知らんが部品がどーとか・・・」

  下を向いて困ったように頭を掻いてる。


   ダ~ミだこりゃ!( ̄∀ ̄:)

    ガキの使いより使えねぇ。


  コンセントを抜きに行ったじいちゃんに

 「じいちゃん、コンセントな、横に回すと抜けるって!(・∀・)」

 と意気揚々と言ったおばたんに じいちゃん不思議そうな顔して

 「そうや。外のコンセントはみんなそうやで。」


       ・・・・・・・・(・_・).・・・・・・・・


  じゃ前回抜けなかったのはなんでなん!!!


  急に蘇る記憶ってやつか?

  この間は分解までしようとしてたのに!!

  もうその事さえ忘れてる模様・・。

  
  あーもうヤダ!!
   ボケたじいちゃんと付き合うのは疲れる――!!。


     17トリ


        そして業者はまだ来てない・・・。



          押してたもれ~❤
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村





我慢できないじいちゃん
2017年10月12日 (木) | 編集 |

  
   先月、二日酔いで10日間も寝込んだじいちゃん(義父)。

  あれから義母とおばたんはお酒を隠しました。

  じいちゃんも散々義母に叱られて少しは懲りたのか

  元気になってからも夕飯時の晩酌をやめてました。

  つーかお酒隠してるから無いんだけど。

  やれやれやっとお酒を諦めたんだな・・と思ってたら

  突然6日前じいちゃんは夕飯時 焼酎のパックを封切ったあ!!

  その焼酎は義母が買った物。 誰かに何か戴いた時に

  お返しにあげられるよう買ってある物で客間に置いてあった。

  義母が大声で

  「あ!飲みなれんな!!
 それわたしが買ったやつやがね!!


  「いらんこと言うな!!

  「いらんことやないわ!
 飲むなっていうの!!」


  「なんで?」

  「なんでって!?もう忘れたんか!!
  10日も寝込んでおいて!!」


  「あ~はいはいはい。」 ←めっちゃ憎たらしい言い方する。

  「こそこそと持って来て!
  もう知らん!!死ね!!
  好きなだけ飲んで死ね!!」


  「おお、おお、死ぬわい。」


  義母からとうとう 「死ね!」 の言葉が出た(笑)
  
  じいちゃんこっそり焼酎狙ってたんだな・・。

  てか義母もお酒を目につく所に置いておくのがダメだ。

  飲みたい奴はなんとしても飲みたいんだから。

  じいちゃん、焼酎を薄めもせずストレートで飲んでた。

  もう一回寝込めばいいのに。┐(´-`)┌

  義母も今度こそ徹底的に無視して世話もせず

  ほったらかしにしてやればいいのさ。


  焼酎、2ℓがたった6日で無くなった。じいちゃん明日からどうするんだろう?

  もうお酒無いよ。自分で買いに行くのかな?

  それでまた「お金を出せ」とか「出さん!」って義母と喧嘩するんだろうな。


  この大声での2人の喧嘩を聞きながら

  ひかりとおばたんは無言でもぐもぐご飯食べたのでありました。

     飯がうめ~ (・ω・)(・ω・)




          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村