五十路の出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
生きる
2018年01月31日 (水) | 編集 |


    暗い話しですが・・・先日こむぎ地方の住人の男性(70代)

    が自殺してしまいました。

    その方のことはおばたんは存じておりませんが

    義父母は交流がありよく知ってる人らしいです。

    男性は亡くなる前日数人とお酒を飲んでて笑い、話し

    普段より明るく楽しげだったということでした。

    でも、次の日に自殺。 


    昔、同じ事がおばたんの身近にもありました。

    実家のお隣のおじさん。おじさんだけどおばたんは

    『かっちゃん。』 と名前で呼んでました。

    父と母がかっちゃんと呼んでたからそうなったんでしょうね。

    かっちゃんはおばたんを赤ちゃんの頃から可愛がってくれて

    よくお家に遊びにも行ってました。

    笑顔のかっちゃんと かっちゃんの優しいお母さんの2人暮らし。

    でもその生活が変わったのはかっちゃんが結婚をしてからでした。

    母に聞くとかっちゃんはこの結婚に乗り気ではなかったけど

    どうしても、と頼まれ仕方なく結婚したのでした。

    その乗り気じゃない理由がお嫁さん。

    お嫁さんはとても綺麗でスマートな女性。

    でも素行が悪い事で有名でした。人を騙してお金をとったり

    ヤクザまがいの事ばかりする人だった。

    素朴で優しいかっちゃんと結婚すれば少しは落ち着くだろう。

    そんな感じで組まれた縁談だったそうです。

    二人の間には男女の双子と 数年後に次男が産まれましたが

    どうやら次男はかっちゃんの子供じゃないということでした。

    かっちゃんのお母さんもお嫁さんにいびられ家を追い出されました。

    
    ある日かっちゃんは珍しく近所のスナックに顔を出しました。

    周りの人と本当に楽しそうにお酒を飲んでいっぱい喋って

    普段おとなしいかっちゃんがあんなに楽しそうなのは珍しいことだ。

    とその場に居た人がみんな思ったそうです。(後日談)

    そしてかっちゃんは次の日自殺してしまいました。

   
    おばたんは今でもかっちゃんを死に至らせたのはお嫁さんだ

    と思ってる。大っ嫌いな人。人の不幸が何より好きで嘘ばかりつく。

    軽蔑してる。今でも隣に住んでいるけどおばたんは無視します。

    母もほとんど相手にしない。(あっちは胡麻を擦ってくるけど)


    かっちゃんは この世での最後のお酒。 

      そう思って飲んだんだと思う・・。

   
    
    じいちゃん(義父)は亡くなった男性がなぜ自殺したのかに

    すごく興味をもって 

    「どうせ一緒に飲んでた誰かに酷い事言われたに違いない。

    そんで死んでまったんや。誰と一緒に飲んでおったんや?」


    もはや犯人捜しのよう。


    義母もおばたんも

    「違うって。多分もう死ぬ気でおったんやって。」

    「もう最後やと思って飲んだんだと思うよ。」

    そう言ってもじいちゃんはもう

    誰かに酷い事言われたと思い込んでしまってる。

    誰かに酷い事言われて次の日自殺なんてそう考えられない。

    
    かっちゃんもそうだけど きっとこの男性にも人には計り知れない苦しみや

    悲しみ、虚無感 あったんだと思う。

    何も言わず普段通りの人がまるで消えるかのように

    自殺してしまうことも多々ある。


    かっちゃんや男性のように賑やかに笑って飲んで喋って

    最期を迎えたいと思う人がいても不思議じゃない。


    おばたんもパニック障害になってからというもの

    生きてるのが恐い と思った事が何度もある。

    誰かのお葬式に行くと不謹慎にも程があるけど 

    亡くなった事を羨ましいと思う自分がいる。(ごめんなさい。)

    でも死ぬのは恐い。

    おばたんは自殺なんてしない。死ぬまで生きたい。(当たり前)

    今は薬のお蔭で元気で楽しく過ごせてる。本当に有難いことだって思う。


    疲れたら休む。休むことに罪悪感が生じるけど でも

    思いっきり休みを堪能しよう。歩幅は違っていい。

    おばたんなんてナメクジの歩みよ(笑)ゆっくりゆっくり。 

    だって100年後にはおばたんを知ってる人なんて

    どうせこの世に居ないんだから ┐(´-`)┌ 何言われようとクソ喰らえ。

       どんまい! よ。

    


          ポチっとな~♪
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村  

    

    

  
スポンサーサイト

方言
2018年01月04日 (木) | 編集 |


   友人からの年賀状 ちらほらと孫の写真で届くようになりました。

   そりゃ50歳過ぎてるんだもん、当たり前なんだけど

   『わたしらもそんな歳になったんだなぁ・・・(・_・)』 としみじみ・・・。

   (気だけは若いままなので変な気分(笑))

   義母は47歳でおばあちゃんになってます。今思うとちょい早かったのね。


   
    昨夜は嵐の番組をたっぷり味わい笑い

   9時からは話題になった 『君の名は』 を観ました。

   舞台は飛騨・・・ 
        17飛騨

   (ちなみにさるぼぼに顔を書いたらダメと教えられたけど

   今はそんなの関係ないのかな?)

 
   で、声優さんも飛騨弁を話すんだけど

   飛騨人から言わせてもらうと 違うんだよな~~~。

   ちょっとしたイントネーションとか 違うんだよ~。

   (あの中で一番上手かったのは妹役の声優さんかな。)

   違和感を持ちながら観ました。やっぱ言葉(方言)って難しいね。


   明日から旦那は仕事始め。

   長い人は8日までお休みなんでしょうね。

   やっと普通の生活に戻ります。ホッ。

   

     

          よろしければ
       クリックお願いします❤

          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村  

ヤキモチ
2017年11月02日 (木) | 編集 |


    ひかりの彼氏君が電話でひかりに

  「大学にすごく可愛い先輩がいて仲良くしてる・・・。」

  というような話をしたそうで ふんふんと聞いてるひかりに彼氏君が

  「妬かないの?」 と聞いたそうで、ひかりは

  「え?別に妬かないよ。だって本気だったら言わないでしょ?」


  ん~まぁ正論ですけど~・・そこはさ~彼氏君は妬いてほしいわけよ~。

  ホントひかりは理路整然としてると言うか 可愛げがないよな~。

  ・・・でもひかりの気持ちも解る。

  おばたんも旦那がもし浮気しても妬かないから。

  それよりも「面白い事になって来た~!♪」って気持ちの方が大きい。

  なんなんだろこれ? 結局・・・・・・・言っちゃなんだけど・・・

  そう相手の事を妬くほど好きではないという事なんじゃないだろうか?

  だって想像してみた。

  もしもこれがおーちゃん(大野智)だったら

  おばたんめっちゃヤキモチ妬きまくるわぁ。マジで。

  ちょっと話した女の人でも 「あの人誰よ!って言いそう。

  想像するだけで悲しくて堪らん!!

  愛とはこーゆーものなのかぁ・・・と

  智ファンになってから初めて『人を好きななる』とはこーゆー事だと

  気付いたおばたんなのでありました。


  ひかりもヤキモチ妬いちゃうような人に出会えるんだろうか?


  でも彼氏君本当に優しくていい子。

  大学には色んな出会いがあって 素敵な女性も多いだろうに

  こんな冷めたそっけない彼女をまだ好きでいてくれるなんて

  神かよ!

  彼氏君にフラれたらひかりにはもう彼氏は出来ない気がする。


  おばたんはヤキモチも妬けない旦那と適当に結婚して

  愛(あったのか?)はあっという間に消滅し

  今は家族としての情しかない。


  尊敬できる男じゃないと女の愛は冷めますな┐(´-`)┌。

  

  
          押してちょんまげ~❤
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村 



分からね~~。
2017年10月19日 (木) | 編集 |


  本日2回目の更新。

  SSL化ってなに!!?

  せっかくポチしてもらってるのに

  ブログ村のポイント入らね――!!・゚・(つД`)・゚・

  と、と、と、とりあえず~~~分からんけどテンプレート変えた。

  この際何でもいい!!

  バナーもマイバナーは全部削除した。

  あと何すればいいの~~?


   
     分からんから屁~こいて寝るわぁ。



           にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村 



  追記 

  出来た――!!

   なんとかバカ代表の自分でも出来た――!!\(^o^)/

   いやっほーい!

  

はっちゃんへ
2017年10月05日 (木) | 編集 |


  
   先日おばたんは 『友人からメールの返信がなくて心配してる』

   と記事に書きました。(友人の名前ははっちゃんです)

   はっちゃんはガンを患っていて入退院を繰り返してました。

   迷惑かもしれないと思ったけどもう一度メール送ってみた。

   でもやっぱり返信は無く・・・。これはおかしい。

   共通の友人にメールして 何か知らないか尋ねてみました。

   すると友人からすぐ返事が来ました。

    『こむぎに連絡しようと思ってたところだった。

   わたしもメールに返信来ないし LINEにも既読がつかないから

   ハガキを出したの。そしたらはっちゃんのお兄さんから返事が来て

   はっちゃん、亡くなったって・・・。急に容体が悪くなったって

   悲しくて寂しくて辛いよ・・・。』



    悪い予感が当たってしまった・・・。

   昨夜は泣きました・・・。悔しいです。寂しくてぽっかり穴が空いたような

   はっちゃんの笑顔しか思い浮かびません。

    若い頃いつも一緒にいました。

   おばたんのアパートに泊まりに来て、

   「歯ブラシ忘れたからこむぎの使ったよ。」

   あっけらかんと言うはっちゃん。

   路上で些細な事から口喧嘩したこともあった。

   ちょっとふくよかなはっちゃんは触るとぷにぷにで

   電車の中ではおばたんはいつもはっちゃんを枕代わりにしてた。

    旅行にも行った・・・。飲みにもよく行った。

   おばたんが結婚してもはっちゃんは訪ねて来てくれて

   息子とゲームで遊んでくれた。


    はっちゃんが故郷の徳島へ引っ越してしまってからは

   年賀状とメールのやりとりだけになってしまったけど

   またいつか会えると思ってた。  もう会えない

     信じられない気持ちです。

   まだ入院中のはっちゃんに送ったおばたんの変顔の写真

   はっちゃんが 『誰かわからんな(笑)』 

   これが生前の最後のメールになってしまった。

   もうバースデーメールも送る事出来ない。

   まだ若いのに やりたいこともあっただろうに。

   はっちゃんは未婚で子供もいなかった。

   介護が必要な両親を一人で面倒見てた。

   きっと色んな事 気がかりで逝ってしまったんじゃないだろうか・・・。


   はっちゃんの分まで生きるなんて おばたんには無理だから

   はっちゃんが天国で笑顔で居てくれることを祈ります。

  
   はっちゃん、わたしがそっちに逝ったらまた一緒に遊ぼうね。

   いっぱいいっぱい ありがとう。

   大好きだよはっちゃん。  またね。




          にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
          にほんブログ村