五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
葬式とじいちゃん
2017年05月03日 (水) | 編集 |
 
 

   今日は伯母(義母の姉)のお葬式でした。

 お葬式は午後1時からということでおばたん達は朝ゆっくりしてました。

 義父母は通夜のため昨夜は葬儀場に留まることに。

 通夜式が終わった時おばたんはじいちゃん(義父)に言いました。

 「じいちゃん、わたしらと一緒に帰った方がいいんじゃない?」 

 するとじいちゃんは

 「ええわ。オリ(俺)もこのまんまここにおるわい。」

 外面だけはいいじいちゃん、ええかっこしいで帰らないと言う。

 体力的に考えても 大丈夫なんか~? と思いながらも

 「そっか、なら無理せんようにね。」 

  と良い嫁ぶっておばたんは帰ってきました。


  が、今朝旦那が起きて来た頃義母から電話。

 「おじいさんがえらい(苦しい)って言うで迎えに来て。

 ほ~~ら見ろ。案の定だ。義母めっちゃ怒ってる。

 当然だ。じいちゃん、これが初めてじゃない。

 義母の甥が亡くなった時も体調を崩して(この時は二日酔い)葬式に出てない。

 若くして亡くなった甥。(今回亡くなった伯母の息子さんです)

  みんな辛くて悲しい涙、涙のお葬式だった。

 
 義母はじいちゃんにこれでもかってほど怒りをぶつけたらしい。

 「あんた私の親族の葬式の時ばっかり寝込んどるんやよ!

  本当に恥ずかしい!!

 ええかっこうして寝込むくらいなら帰れば良かったんや!!」


 「寝れんかったでやさ。」 

 「はぁ!?通夜なんか寝んのが当たり前やろ!!

 義母 敵討ちや!と思ってここぞとばかりに罵詈雑言浴びせたそうな(笑)

 だいたい普段一日中横になって寝てるじいちゃんに

 所詮徹夜なんか無理なのよ。起きてる間体重がのしかかることに

 体がもう慣れてないのよ。

 義母、おばたんに 

 「まったく!火葬場へも行くとか 口ばっかり良い事言って

 デカイ事言うくせに結局こんなんよ


  まぁね・・・。でもじいちゃんもしんどくなりたくてなってるわけじゃないからなぁ。

 しかしそれでなくても大変な遺族や親族に

  余計な心配させて人騒がせで迷惑ではある。

 義母が 「恥ずかしい。」 って言うのも解る。面目立たないもんね。

 
 これからはじいちゃんに何も期待しない。

 義母もこれでいくしかないと思う。

  少しでも期待してしまうから怒りも湧くんだろうから。

  じいちゃんはもうダメだよ。




        にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
        にほんブログ村  

 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お疲れ様 こむたん (^_^;)
陰で猛毒を吐いてるとはいえ・・・・優しい言葉かけ、オリの事を思いやって なんと優しい嫁様じゃ~ステキ。

うんうん・・・普段から、マイペースな生活してると そりゃ徹夜は、さぞかし体調悪くなるよね。
血圧も上がるし・・・頭も重かろうに (-_-;)

こんな時 女は、心身ともに たくましいの巻
2017/05/04(木) 08:38:27 | URL | ひろ #-[ 編集]
お義母さんの気持ちわかるなぁ
でもねぇ
困ったねぇ
子供じゃないから引きずってくわけにも
いかないし
もうこうなったら「人のフリ見て我がフリ治せ」で
いくしかないですわねl
こむたんの期待しない
それが一番だものね。
賛成v-222
2017/05/04(木) 12:46:21 | URL | そら #-[ 編集]
ひろたんへ^^
ひろたん、やほほー♪(^O^)ノ

オホホホ わたくし良い嫁ぶりっ子が
と~っても上手いの♪

そ、ひろたんの言う通り
じいちゃん、頭が痛い 気持ち悪いって。
ほんと、義母の方がじいちゃんより
体弱いのに 一睡もせずだったけど
じいちゃんに激怒する元気があって(笑)
女は、心身ともに逞しいの巻 だわね~。
2017/05/04(木) 21:22:07 | URL | こむぎ #-[ 編集]
そらたんへ^^
そらたん、こんばんみ♪(^O^)ノ

うん、義母の気持ち めっちゃ解るんだよね。
一度ならずも二度までも。
いいかげんにしろ!って思うよね。

じいちゃんもいい加減自分の限界
分かってるんだろうに
いいかっこしいが抜けないのよね。
結局周りに迷惑かけるんだから
自分の体を万全にすること考える方が
先決よね~。
やれやれ、困ったもんだわ(笑)
2017/05/04(木) 21:27:07 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック