五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
恐かったもの。
2016年09月26日 (月) | 編集 |

 子供の頃(小学生の頃) おばたんたちの地域の子供らには

恐い物が2つありました。

一つは放し飼いにされてる犬のクロ。名前のとおり黒い犬。

とにかく見つかると吠えて追いかけられるのでとても恐かった。

ヒロ君という子はだだっ広い隠れる場所も無い所でクロに遭遇し

焦ったあげく 木になりきる という方法をとりました。

  『何がなんでも動かないぞ!。俺は木だ!

矢代亜紀さんの 雨雨フレフレのようなポーズでじっとガマン。

クロが近づいてきて足元でウロウロと匂いを嗅いでいる間は

恐ろしくて生きた心地がしなかったそうな。

おばたんと友人も下校途中クロが前から来るのに気づき

2人で背の高い草むらの土手にべったり張り付いて

クロが通り過ぎるのをじっと待ちました。めっちゃ恐かった。


 もう一つ恐かったのが 源平(げんぺい)さん。←マジ恐い。

源平さんは見た目は西郷どんにそっくり。ガッシリした体格。

年齢は多分あの頃で30代くらいだったと思われまする。

少し知恵の遅れてる源平さんはいつもヨレヨレの着物を細い帯紐一本でしめてて

パンツ穿いてないから おティンティンが丸見え。

そしていつも棒を持ってて子供を見つけると奇声をあげて追いかけてくる。

子供にとったらそれはそれは恐ろしい人でした。

いつもみんなで遊んでる時には交代で源平さんが来ないか

見張りをしながら遊んでました。 源平さんが来ると

「源平が来たぞー!!逃げろー!!」

みんな一斉にてんでばらばらに散って逃げる。

いや~マジ恐かったっす。 いまでも強烈な思い出です。


・・・あとおばたんにはもう一つ恐い物がありました。

祖母の田んぼを手伝いに行くと 近くに住んでるエミちゃん(当時20代)

がやって来て おばたんを無言で田んぼに突き落とすんです・・・。

毎年必ず・・・。エミちゃんも障害者でした。

エミちゃんが来ると恐くておばたんは大声で泣くんだけど

家族は忙しいからそんなの無視です。

で、どっぼん! 田んぼに突き落とされる。

 どろまみれ・・・  恒例行事かよ!

おばたんを突き落としてエミちゃんは去って行く・・。

あれいったいなんだったんでしょう・・・。

未だ意味が分かんない。なぜ標的がおばたんだったんだろう?


クロも源平さんもエミちゃんも もうこの世にはいません・・・。

この2人と1匹から逃げるのに必死だった子供時代でした。


 みなさんも子供の頃恐かったものありますか?





押してちょんまげ❤
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
「やきいもぉ~お♪芋~」
リヤカーから流れる、この声が怖かったです。
リヤカーのおじさんでなく・・・
母と姉が私に買いに行かせるんです。
何故だか、女性二人は買う姿を見られるのが
恥ずかしんですって!
トロい私、出遅れて買えなかったら
嫌~~な視線!怖かった~~☆彡
クロちゃんも怖そう!
昔は野良ちゃんが沢山うろついていましたもんね。
2016/09/26(月) 15:42:04 | URL | ゴル子 #-[ 編集]
ゴル子たんへ^^
ゴル子たん、こんばんワン♪(^O^)ノ

アハハハ(^▽^)焼き芋やさんにお使い。
買えなかったら嫌~~な視線
食べ物の恨みは恐い(笑)

クロ~恐かったの。
飼い主いるんだけどいつも放し飼いで 
今なら問題になるよね。
昔ってなんでもかんでも適当だった気がする(笑)
2016/09/26(月) 21:38:14 | URL | こむぎ #-[ 編集]
う~~ん う~~ん う~~ん
ちっちゃい時 大型犬にじゃれられて潰されたから
自分より大きい犬かなぁ?
(今 自分より大きい犬がいたら何が何でもとっ捕まえて見世物にしてやるっ)

あんまり怖い物なかった様な…
ちゃんと怖いものがあったらもう少しマトモに育ってたのかな

しかし 動物でも何でも加減を知らない相手って怖いですよね~
何するか分からないですもんね
2016/09/27(火) 00:32:47 | URL | ぴぃまま #-[ 編集]
近所にいたおじさん
たぶん大きなお屋敷(別荘)の留守番兼管理人さん
怖い顔してて(に見えた)、子どもが遊んでると睨まれるような気がして怖かった。多分、お屋敷の庭に子どもが入り込まないか見張ってたんだと思う
昔はどこの家も開けっ広げで、人の家の広い庭でかくれんぼや缶蹴りして、走り回るのは黙認されてたからね、いい時代だった!
母とは笑顔で話してたから、本当は普通のおじさんだったのかもしれない
あと暗闇。子どもの頃住んでた辺りは、夜になるとまだまだ暗闇が家の中にも、外にも残ってて、臆病だったからお化けが出るんじゃないかと思って怖かった
真っ暗で、もう見ないようにしてサーッと走って通るか、その前を通らないように回避してた
未だに臆病は変わらないけど、顔つきだけで人を怖いとは思わなくなったし、最近は夜でも暗闇が減っちゃったからね
今は外面は笑顔でも内面が逆の人とか、夜中でも明るい繁華街が怖いわ(>_<)

2016/09/27(火) 09:38:12 | URL | Joan #2gxioy2U[ 編集]
記事読んで、思いだした
私が天使のような小学生だった頃に下校途中、同じ場所で
待ち構えている女の人がいて(多分20代~30代の知的障害のある方)石をぶつけてくるの
一緒に下校の友達は『わ~~い モモヨだ~ 逃げろ~』って
からかい半分で走って逃げてたけど、私は凄く怖かったよ
消息は不明だけど今でも怖いe-351
彼女がそうかは分からないけど昔って親戚同士で結婚とか
よくあったって聞くから血が濃くなって脳や躰に影響が出ることも少なからずあったらしいね
で、そういう人を閉じ込めておく座敷牢がある家の噂を聞いたりしたこともあったよe-486

2016/09/27(火) 11:05:58 | URL | hiroro・横溝 #-[ 編集]
幼稚園の頃は、精神障害者という事の意味が分らず、何かブツブツ言いながら、そばについてまわる・・・・ミィ-ちゃんおばちゃんが恐かった。
そして、 一人暮らしされてた 耳の不自由な 二作おじさん・・・・・
聞こえない と知らなかったから
ボリュ-ム調整できない オウオウ・・・とゆう声が 恐く感じてた。

ひどい時代だ。   今なら診療内科のデイケア-もあるし
行政が  手話ボランティア講座などを開いて
社会に理解を求める活動も されてるのにね

親も そうゆう事の教育が、まるで成って無かった。
子供に対して・・・・きちんと 教えてなかった。 
高校生の頃は、二作さんに対する 父の接し方が嫌いだったし、軽蔑した。 

初めて言うけど・・・手話を勉強する切っ掛けは それです。

成人になって たまたま田舎に帰った時に、二作さんが家に来られて
手話で 挨拶ができた時は、嬉しかった事を覚えてる。
    『次女のヒロです。今、福岡で働いています。』
もう亡くなってるけど、今なら もっと話せたのに・・・・
あの頃、失礼な事を言ってた父の事も お詫びしたかった。
口話で 何でも分っておられたんだものね・・・ひどい話だ。

2016/09/27(火) 11:37:58 | URL | ひろ #-[ 編集]
ぴぃままたんへ^^
ぴぃままたん、こんちで~す♪(^O^)ノ

おー!ぴぃままたんもデカワンコに潰されたかー!
わたしもね、小学生の時
自分の背丈よりう~~んと大きな犬に飛びつかれて
地面に押し付けられたよ。恐かった。
毛の長いスラっとした顔の尖った大型犬だった。

うん、加減をしてくれない相手ってのは恐い。
今なら知的障害があったんだなって理解できるけど
当時はただ恐い人としか思えなかった。

ぴぃままたんはステキな人よ~~e-266
わたしなんて恐い物だらけだったのに
こんなんよ ダメだこりゃ(笑)
2016/09/27(火) 16:18:56 | URL | こむぎ #-[ 編集]
Joanたんへ^^
Joanたん、こんちくわ~♪(^O^)ノ

Joanたんは近所のおじさんか~。
解る気がする。
子供の頃って大人は恐いもん。
昔は子供はそこらじゅうで自由に遊んでたよね。
いい時代だった。今なら考えられないね。

暗闇も恐いね。不安になる。
昔は実家のトイレが外にあって
夜トイレ行くのが恐かったなぁ。

今は人って見た目で判断できないね。
普通の人が犯罪者になる。
優しい人が殺人おかす。
意味のない殺人事件が多すぎる。
なんでこんな風になっちゃったんだろね?
お化けより人間の方が恐いわ。
2016/09/27(火) 16:28:45 | URL | こむぎ #-[ 編集]
ロロたんへ^^
hiroro・横溝 ってなんですのん?
天使?やだロロたん、寝ぼけないで(・_・)

石ぶつけてくる~!?v-12
あぶなー!!源平さん並みに恐いね。
昔って知的障害者への認識が薄かったし
サポートもなかったよね。
今思うと気の毒な時代だったんだなって思う。
差別も普通にあったしさ。
閉じ込めておく座敷牢があっても不思議ないかも。

親戚同士での結婚もあったね。
わたしの同級生で親が従兄妹同士って子がいたけど
そのせいかどうか、同級生も軽い知的障害もってた。
血が濃いって お互い好きになっちゃった時悩むね。
2016/09/27(火) 16:43:26 | URL | こむぎ #-[ 編集]
ひろたんへ^^
ひろたん、ハロー♪(^O^)ノ

うんうん、子供の頃って障害者って分からないから
恐いって気持ちしか生まれないもんね。

ひろたん、手話ができるんだねe-420
スゴイよ!偉いよ!
わたしも関心はあって 手話でお話しできたら
本当にいいだろうなって思うけど
思うだけで行動に移せてない。

二作おじさん、きっと嬉しかっただろうね。
ひろたんと話せたこと。じんわり感動(T_T)❤
お父さんも あんな昔の時代だから
障害者に対しての教育も無かったし
しかたないと思うよ。
家の父は近所に住む朝鮮人の人を
意味も無く軽蔑してたよ。
同じ人間なのにね。差別だよね。
でもそういう時代だったんだよね。
教育ってほんと大事だね。

2016/09/27(火) 16:55:11 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック