五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2016年09月03日 (土) | 編集 |

 
 ひかり18歳。色気も素っ気も無い18歳。

お風呂上りにドライヤーもかけない。化粧水もつけない

美に無頓着な奴です。 おばたんのせいだろうか・・・。

おばたんが化粧嫌いでほぼ一年中スッピンだからだろうか・・・。

ひかりこの間とうとう中学生に間違われたのよね・・・。

そろそろお化粧品とか買ってあげた方がいいんだろうか・・・

とか考えてた今日この頃・・・。
      お化粧
先日ひかりが何を思ったかおばたんの化粧水をお風呂上りにつけました。

ぺチぺチ(ノ・_・)    で、次の日

「おーー!!お肌がぷるんぷるんだー!

世の中の女子は毎日こんなぷるんぷるんを体験してるのかー!」


18にもなってようやくそんなことに気付いたひかり。憐れなり~。

それ以来おばたんの化粧水ぺチぺチとつけてます。


 週に1回ひかりは名古屋へレッスンに通ってるけど

名古屋はオサレで可愛い子いっぱいです。

ひかり 「ウチも口紅くらい買おうかなぁ・・・」

と言って買ってきたのが800円の薄いピンクのマッド系。

つけても全然つけてる感じ無しで見た目の変化も無し!

もっと艶のあるきれいなの買えばいいのに~~。


 ひかりの3つ上の従妹なんて高校生の時にすでに

あんた誰?(;・_・) ってくらい派手なメイクしてましたっけ。

あれと比較するとひかりは中学生に間違われても仕方ないね。


でもひかり、息子の結婚式でメイクしてもらった時

一瞬誰か分からなかったくらい可愛かったんですよ~

あんな感じでお出掛けの時はメイクしてくれたらな~❤

ここはやっぱ母親の出番だろうか・・・。

でもおばたんも自分がお化粧しないから 今時のメイクの流行知らないし

てか、18にもなって美容に関心がない娘ってのもどうよ!


などと思いながらも今日も老け顔を一切隠さず

恥を知らないスッピンのおばたんと

中学生にしか見えないひかりはお出掛けするのでありました。


  ん~~~ 親子で問題あり!!





読んだよ~。の印に
クリックお願いしますぅ~❤

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いつかはお化粧をしなきゃならない時期(社会に出たらマナーだし)が来るんだし興味が出るまでそのままで良いんじゃないのかな と思ってしまいます

出かけるまでの準備に1時間半かかる我が家の女子高生より良いと思いますよ~
(一緒に出かける時はイラッとする)
しかしドライヤーはかけた方が…
頭皮にはえるカビがいるって言うし
2016/09/04(日) 00:20:03 | URL | ぴぃまま #-[ 編集]
ぴぃままたんへ^^
ぴぃままたん、おっはー♪(^O^)ノ

そうなんだよね。就職したら化粧は必要不可欠ね。
やっと化粧水はつけだしたひかり
ちょっと遅い(笑)

頭皮にはえるカビ!?v-12
やだー!そんなの居るの!!
ぴぃままたん、物知り~~e-266

ひかり毎晩シャンプーするんだけど
小さい頃からドライヤーの音が苦手で。
それがそのまま今に至ってるわ。
ひかりにカビが生えるってよ!
って教えてやらねば!
そうしたらドライヤーかけるようになるかもv-219
2016/09/04(日) 09:04:51 | URL | こむぎ #-[ 編集]
思い出したわ。。。。
昔は 高校卒業時に化粧品メーカーの
メイクレッスンみたいのなかった?
わたしの田舎だけかなぁ~?
サンプルとかもらって。。。

高校卒業した時に 母が化粧品売り場に連れっててくれて
一式買ってもらったの覚えてるよ

ウチの息子も 化粧水はつけてるよ~
髪の毛もドライヤーで乾かしてる
生乾きは 匂いの元になるから
止めたほうがいいよv-218
2016/09/05(月) 14:16:09 | URL | ぱんくい #-[ 編集]
ぱんたんへ^^
ぱんたん、ういっす♪(^O^)ノ

わたしね、高校2年からメイクしてたし
高校でレッスンも無かったな~(゜゜)。
ひかりも高校で教わってこなかった。
でもレッスンいいねe-349
サンプルもらえるし、メイクも覚えられる。
今は情報社会だから無くなったのかなぁ?

おー!息子くんも化粧水!
負けた!!(笑)
そっか、生乾きは匂いの元か・・・。
っていくら言ってもひかりは
いう事聞かない・・・。もう知らん(笑)
2016/09/06(火) 19:40:31 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック