五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2016年05月01日 (日) | 編集 |


 ひかりの着ているパジャマのズボンの膝が破れてきました。

貧乏1

これは息子が小学生の時着てたパジャマなのでクッタクタです。

でもひかりはこのズボンが気に入ってて捨てたくないらしく・・・。
 
「これめっちゃ着心地がいいんよ。同じの売ってないかなぁ・・・。

お母さんここにアップリケ付けてよ~。」

自分で付ける気はサラサラ無いらしい。てか、

日々ダラダラ過ごしてる娘にやたら似合ってるのが悲しい・・・。





昨夜義母が

「箪笥の中から 懐かしいもんが出てきた。」

と言って持ってきました。

貧乏2

これは旦那が高校生の時作ったビーズの作品。

旦那がこれを見て 「俺って暇やったんやなぁ・・」としみじみ。

このビーズの作品を見て思いだしたことがあります・・・。


旦那と付き合い始めた頃、旦那が赤いビーズで

おばたんに指輪を作ってくれた事がありました。

おばたんはすっごく嬉しくて(当時はラブラブだったのね~)

学校につけて行ったら友人が

「あ!それ可愛い!わたしにも作って♪」

と言うので旦那(当時は彼氏ですが)に頼んで友人の分も作ってもらいました。

しばらくはお揃いで付けてたんだけど ある日友人の指から

その指輪が消えておりました。そして

「ごめん、こむぎ。本物の指輪付けだしたらもうビーズは恥ずかしくて

付けられなくなっちゃった。」

彼女の指にはプラチナの高そうな指輪(自分で買ったそうな)

ああ・・そう・・・(・_・) 

別にいいけどね。ちょっと複雑な気分で寂しかったな。


おばたんはブランド物より オリジナル(手作り)に魅力を感じます。

世界にたった一つの手作り❤そこに愛が詰まってるようで愛おしいです。

ブロ友さんからも手作りの作品を頂く事があるけど

やっぱり気持ちがこもってるようで愛おしいです


旦那が作った作品を眺めながらふと思い出した学生時代でした


しかしまぁ、敗れたパジャマにビーズの指輪・・・。

 おばたんには貧乏がお似合い(笑)

     でも余は満足ぢゃ!




にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワー旦那さん器用ね~!
男性でビーズっていうのも珍しいし、足とか尾っぽとか細かい細工でそれぞれの生き物らしさがでてて上手!
手作りの赤いビーズの指環?キャー素敵!
なんか昭和っぽい感じもする。
加山雄三の「サンゴ~でこさえた赤い指環あげよ~♪ 僕のお嫁においで~」ってなかったけ?
古すぎてごめんなさい<m(__)m> もしかして知らない?
私も手作り品好きよ。なんか作った人の心がこもってる感じでいいよね。世界にたった一つってところも。
貧乏じゃないよー、心は豊かになる!作るのも、もらうのも!


2016/05/03(火) 18:48:14 | URL | Joan #2gxioy2U[ 編集]
Joanたんへ^^
Joanたん、こんばんみ♪(^O^)ノ
旦那 手先が器用なのよ~。
わたしは不器用e-257

昔はビーズの指輪で喜べたのにねぇ。
今はわたしの手もシワシワで(年とったから)
きっと似合わないわね(笑)
加山雄三の歌 知ってるよ~(^▽^)ノ
ブランドにはブランドの良さがあるけど
手作りってやっぱいいよね~❤
パッチワークのバッグとか見ると
わ~❤って尊敬しちゃうわe-420

2016/05/04(水) 19:10:31 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック