五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2015年05月16日 (土) | 編集 |


 昨日はおばたん、ちょっと疲れてしまって ブログ訪問も出来ず

コメントの返信も遅れてしまい すみませんですぅ。
 

 一昨日 義母の入院が決まったことでじいちゃん(義父)、案の定

テンションだだ下がり。

何のかんのと義母にぐじぐじ言ってました。

昨日も病院へ行く前 義母が身支度をしていたらじいちゃんが

「もし区費とか集金に人が来たら オリ(俺)はどうすりゃいいんや。」

「そんなものこむぎちゃんがおるやろ!!こむぎちゃん呼べばいいことや!」

義母もイラッときてとうとう怒ってました(笑)


 で、昨日はおばたん義母を病院へ送って行きました。

じいちゃんも「オリも一緒に行く。」って言うかと思ったら

さすがにそれは言わなかったので義母とおばたんホッとしました。


単に入院するだけでも 結構時間かかるんですよね。

手続きや入院説明、書類の書きものやらテレビカードの購入。

部屋は個室ですごく狭かったです。

朝の9時半に出て おばたんが帰ってきたのはお昼でした。

帰る時担当の看護師さんに頼みました。

「家の義父なんですけど、義母は義父のお見舞いをすごく嫌がってて

もしも、それらしい人が訪ねてきても病室に入れないで下さい。」

「え!?・・・(・_・:) あら~、そうなんですか。

絶対対処できるかはお約束できませんが 申し送りはして

出来る限り気を付けておきます。(^O^:)」

「すみません、家でもお見舞いは行かないよう言っておきますが

多分 こっそり来る気がするんです。」

「分かりました。」



 家へ帰ったらじいちゃん、ストレス発散のためか 居間の掃除して

義母の座ってた座椅子を早々と片付けてました。

その後今度は車庫へ行って掃除をしたり、落ち着かないのか

やたらゴソゴソ。

内心はお見舞いに行きたくてしょうがないんでしょうけど

(看護師さんたちに 『オリ(俺)はいい旦那やろ。』 って

アピールがしたくてたまらん人ですから)←この時ばかりは義母に優しい。


じいちゃんとおばたんのお通夜のような2人きりのお昼ごはんの時、

「何の菌か分からないから 年寄りや子供の見舞いは禁止だって。」

となにげな~く言ったら 

「・・・・・。そやそや、見舞いは行かん方がいいな。」

よしよし、分かってるようです。  今のところは。


今日はさっき義妹がお見舞いに行くと言うので 

義母に届けてほしい物を渡した際

義妹 「どうや?ジジイはおとなしくしてる?」

「うん、落ち着かんのかあちこち掃除してるよ。(笑)」

 二人でクスクス (^m^)(^m^)

家の女たち 意地悪に思えるかもしれませんが

じいちゃんと暮らしたらみんなこうなりますって。

 おばたんなんて本当は天使のように優しいのにねぇ

じいちゃんと暮らして こんな風になっちゃいましたよ。


 義母の入院 どのくらいかかるのかなぁ?

しばらくはおばたん、じいちゃんと2人きりのお昼ご飯が続くのね・・・・

 あ~~~うんざり~~~。(三ー∀ー)






にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
No title
じいちゃんと二人きりの お昼ご飯。。。
そりゃ苦痛だ。。。

ん~この際 お弁当作って置いておくってどう???
2015/05/16(土) 21:45:53 | URL | ぱんくい #-[ 編集]
こんにちは^^
落ち着なくて あちこちを掃除してるじいちゃんが
なんだか すごく可愛く感じた^^

きっとお義母さんも
じいちゃんのことが気になっているんだろうね。
早く元気になってほしいなぁ
2015/05/17(日) 13:03:05 | URL | こっぺ #YD14tAto[ 編集]
ぱんたんへ^^
ぱんたん、やほ!♪(^O^)ノ

そうだよ~お通夜さ~。
なんでわたし血のつながりも無い
キライな人と2人でご飯食べてるんだろ?
って 不思議な気分にもなるわぁ(笑)

あ~!お弁当もいいね。
ほっておけるね♪
2015/05/17(日) 22:01:08 | URL | こむぎ #-[ 編集]
こっぺたんへ^^
こっぺたん、こんばんみ♪(^O^)ノ

じいちゃんがウロウロ・・・。
これも気が気じゃないわよ~。

義母 気になってるだろうね。
見舞いに来るんじゃないかって
ちょっとヒヤヒヤしてると思うわ(笑)

のんびりできるから
病院の方がいいって言ってた(^O^)
2015/05/17(日) 22:05:56 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック