五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2013年12月09日 (月) | 編集 |

 今日は義母の診察日だったので午前中は病院へ


義母と待合室で座って待ってたらおばたんの前に

車椅子に座った老人男性と、その車椅子を押す中年の女性が来ました。

車椅子を動かないようセットした後中年女性が老人に

「わたしこれからちょっとの間ここにいないけど

足を下に降ろしたらダメだからね!。分かった!?

足を降ろすと体が滑っていくんだからね!

誰も居ないんだから足を降ろさないでよ!!いい!?大丈夫!?」


老人は 分かったよ。。という感じで頷きました。 

中年女性は老人に強くそう言うとそこを去って行きました。




『足を降ろすな。』 というのは

車椅子には足を置く部分がありますよね。

老人はそこに両足を置いていまして

そこから足を降ろして床に着けるな。という意味です。


 
でもおばたん そんなこと聞いたら老人の足が気になっちゃって

 気もそぞろ・・・(・_・)


おばたんの前でぼ~~っと身じろぎもせず車椅子に座ってる老人。

しばらくしても動く気配はありません。

 
と、横にいる義母が話しかけてきたので少し会話した後( ^o^)♪(^o^ ) 

     前を見ると (・_・)


  ひッ!!( ・ノ・:)

老人の足が足首でクロスしてる!!

・・・でも床に着いてるわけじゃないし大丈夫よね・・(・_・:)

またしばらくチラチラ老人の足を見ながらいると

老人、ゆ~~っくりとクロスした足を元に戻し・・・

 (・_・:)ハラハラ・・

そのまま数分経過・・・。

と、また義母が話しかけてきたんで二言程お喋りし

 前を向くと (・_・)


  ひーーーッ!!!( ̄ロノ ̄:) 老人の足

伸びきって床に着いてる
 やないかーい!!!


だるまさん転んだかよ!!(:`ロ´)ノ

なんて心の中でツッコミながらも


 どうしよう・・・足着いちゃってるよ・・・(ー_ー:)

じわっと少しづつ腰も前に滑ってきてる感じで。

 付き添いの中年女性 まだ戻って来そうにありません。

これこのままだったら 例え椅子から落ちなくても

中年女性 老人の体勢戻すのに大変じゃね?

それに老人 足を降ろしたこと叱られるんじゃね?。

やだわ、どっちも見たくね~~( ̄∀ ̄:)


 ついおばたん 老人の所へ行って両足首つかんで

「足、乗せよっか。」と無理やり足を台の上にセッティング。

老人 突然知らないオバハンがきて足を持ち上げたんで

ちょっと不思議そうな顔してました。

そのすぐ後に付き添いの女性が戻ってきたんでギリギリセ~~フ。


 父も亡くなる前の少しの間 車椅子座ってたし

なんとな~~く父の姿と重なるのね~。

 
 ところで家のじいちゃん(義父)今日は頭痛がする とかで

朝からご飯も食べず寝室で寝てます。

義母が病院へ行く車の中で

「もし脳溢血で倒れててもしばらく放置しとくわ。」

と言うので おばたんも

「うん賛成。下手に生き残られたら大変だもん。」

義母 「倒れてたの知りませんでした って言えば済むことだし。」

おばたん 「そうしようそうしよう。」

 2人でゲラゲラ笑いながらそう話しました。


期待しながら病院から帰ったけど 

   じいちゃん生きてました。チャンチャン♪チェ~



 


できましたらポチッと
   
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
聞いちゃったら
別に聞きたくはないんだけど、聞こえてきたら聞いちゃうし、で、聞いちゃったら気になるし……。

でも、こむぎさん、人助けしてるよ!!!

そうやって皆で見守ることで事故って防げるんだもん。
おせっかいとか考えずに、危ないって思った時は助けられる自分でありたいよ。

それと、爺ちゃん、憎まれっ子なんちゃらかんちゃらって言うけど、倒れた時は、これが天命だって思うわ。
うちの義父が心筋梗塞で倒れた時も、田舎でAEDが近くになくて良かったね!っていうのが、周囲の感想。
2013/12/09(月) 20:50:03 | URL | ちよこ #-[ 編集]
おつかれさまm(__)m
じいちゃんはまだまだ 
う~んと長生きするんだろうね。

こむたんも じいちゃんに
ガツン!と言わなきゃ。

まぁ それができるくらいなら
苦労はしないよね。
2013/12/09(月) 21:14:39 | URL | K-tooko #YD14tAto[ 編集]
おちよたんへ^^
おちよたんおはよ~ん♪(^o^)丿

ね、聴こえちゃったら気になるよね~。
この女性も看護師さんに一言声かけていけばいいのにね。

でもさ、わたし もし父が病気になってなかったら
多分この老人に手が出なかったと思う。
少しだったけど父を看たお蔭で
多少はこういう老人の扱い方?も分かったしね。
そうじゃなかったら どうしていいか分からないと思う。
触ってもいいのかな~?どうしよう・・e-351 
とか色々考えちゃうもんね。
 やっぱ経験って大事だね。

『田舎でAEDが近くになくて良かったね!』
うんうん解るよ解るよ~~!!。
家は多分ホントに じいちゃん倒れてたら放置すると思うよ。
天命天命!e-284  悪魔だわ~~(笑)
2013/12/10(火) 09:09:22 | URL | こむぎ #-[ 編集]
tookoたんへ^^
tookoたんおっはー♪(^o^)丿

じいちゃん、まだまだ長生きしそうよ~。
うん、ガツン!と言えるといいよね~。ほんと。

でも言ってもじいちゃんは跳ね返すだけで
受け入れる人でもないし、反省なんて絶対しないし
ヒステリー起こすし 言うだけ無駄なんだ~。
もう家族&親族は「諦めて放っとこ」って境地よ~e-257
2013/12/10(火) 09:20:44 | URL | こむぎ #-[ 編集]
そんな危なっかしいじいさんを車いすに乗っけたまま
放置することが有り得んわ~
こむたん達に遠巻きで「爺さんのこと見ててよ」って
言っているようなもんよねe-263
そうよね、車いすに乗っている人って
慣れてないと、どう手をだしてあげればいいか
迷っちゃうもんねe-263


2013/12/10(火) 15:51:09 | URL | pink #-[ 編集]
よそ様を見てイメージがダブルことありますよね。
そんなわけないのに...
決して余計なお世話ではないですよね
それにしても
ここまでくると
おじいちゃんはまるである意味こむぎさんちの
「人気者」???
(アッブーイング聞こえました...)
2013/12/10(火) 18:24:43 | URL | そら #-[ 編集]
pinkたんへ^^
ね~、広いフロアだし 誰も気にして見たりしないし、
危ないよね。 一言看護師さんか、それか思い切って
近くにいたわたしにでも声かけてくれたら
迷わず手も出せるんだけど 
分からないと躊躇しちゃうもんね。
pinkたんならきっとスッと介助できちゃうんだろうな~v-398
2013/12/11(水) 17:52:34 | URL | こむぎ #-[ 編集]
そらたんへ^^
そらたん、やほほー♪(^o^)丿
返信遅くなってごめんねー(>_<)i-201

今年はやたら病人に縁があった年で
振り返れば 病院にばかり
通ってた気がするわぁ・・・(:ー∀ー)
でも、少しはお世話に慣れたってことねe-319

じいちゃん、あまりにも滑稽で・・・
もはや家では呆れを通り越して
陰で笑い者なのよ。
ある意味 人気者よね~(ー艸ー)プププ


2013/12/11(水) 19:05:31 | URL | こむぎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック