五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2017年04月15日 (土) | 編集 |

  ローソンでからあげくんを買ったらストラップがくっついてきた。

 ひかりが、ストラップの袋を開けて中の紙を読み始め

 「・・・今日はからあげくんの誕生日なんだってさ。」

 「ふ~ん。誕生日なのにストラップくれて食べられるんか~。」

 「誕生日おめでとう。有難くいただきま~す。」



 さて、今日は友人のお父様のお通夜に行きました。

 喪主の挨拶は友人の代理でお孫さんでしたが、涙をこらえ、とっても温かい

 心の籠った挨拶でした・・・  が。 その挨拶の中で知りました。

 亡くなられた友人のお父様 今日がお誕生日だったと・・・。

    
     からあげくんと同じ誕生日だ・・・。

 
 ふっとそう思った途端込み上げる笑い・・・。

 やめろ!笑っちゃイカン!(>_<)   平静を装い真顔に戻すも

 襲ってくるからあげくんのストラップの映像

 なんでこーゆー場に限って笑いが押し寄せるのか!!

  ジミー大西か!! と自分を戒めるも口元はヒクヒク。

 なんとか周りに気付かれる事無くその場は凌げた。 ヤバかった~。


 司会の女性が

 「皆さまそれぞれ故人様との思い出がおありの事でしょう…云々・・」

 思い出かぁ・・・そう言えば中学生の時おばたん道路で

 コンクリートの壁に野球のボール投げて一人キャッチボールしてたら

 そこにこの友人の亡くなったお父さんが車で通りかかり

 車を停止させると車から降りてきて

 「女のくせにこんな所でキャッチボールなんかするな!!」

 ってえらい剣幕で怒られたっけ・・・(゜゜) それしか思い出ないわ。

 それも今となっては懐か・・・ いや、今でも悔しいか・・・。


  友人は御主人を若くして亡くされてるので喪主となっていました。

  おばたん、「この度は御愁傷さまでございました。」

  って言おうとしたら

 「この度は御愁傷しゃまでございました。」

   
    噛んだし!!



      あ~あ・・・。


 
 帰りに実家に寄って 炊き込みご飯と ころ芋の煮っ転がし。

 化粧水と美容液もらって帰って来ました。 また化粧品だ・・・。


 どうも母はおばたんが歳を取って老けていくのが我慢できないようで

 行く度に 「この化粧品いいよ!」って持たされます。

 母は昔おばたんを連れて歩くと知り合いからよく

  「きれいな娘さんねぇ。」 って言われる事が嬉しくて自慢で

 未だに未練がましく おばたんが老けるのを阻止しようとします。

 おばたんだって歳とるんだよ!!もう諦めろ。


 今日は疲れたび~~。美容液塗って寝ます。 ←使うんかい!

      お休みなさい。

 

 


       にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
       にほんブログ村



スポンサーサイト