五十路に足を踏み入れた出不精なおばたんの狭い日常。鼻で笑ってちょ。
| Login |
2017年07月19日 (水) | 編集 |


  ひかり19歳 彼氏君と付き合ってちょうど2年。

 只今彼氏君は大学生で2人は遠距離恋愛中。

 おばたんは彼氏君も大学生になったら可愛い女の子もいっぱいだし

 もしかしたらひかりとも自然消滅していくかな~・・なんて思ってたけど

 意外にも彼氏君は相変わらずひかりが大好きなようで

 「本当に俺なんかでいいの?」 とか 

 「誰かに取られそうで心配だ。」 とか言うそうな。 

  
  ふっ、ひかりなんぞ誰も取りゃしね~っつーの。┐(´-`)┌

 
  すごく賢い彼氏君。なぜそんなに自分に自信がないのか分からんけど

 彼氏君は焦ったのかひかりにラインで

 「結婚したい。」 と言ってきたそうな。

 で、ひかりはそれに対して

 「早くね?」  ←冷た!

 「じゃ卒業したらまた言う。」

 「うん、分かった。」  ←そっけな!

 ここはさぁ嘘でも

  「でもありがとう。嬉しいよ❤待ってるね」 

 くらい言えないもんかね~?ほんとひかりは恋愛偏差値低い。

 
 付き合い始めたのが7月26日だったから2年間毎月

 26日に日付が変わると同時に彼氏君から 「記念日だね。」

 とラインが来る。 ひかりは記念日とかそんなこと考えもしてないから

 ラインを見て 「ああ・・・マメだなぁ。」 と思うだけだそうな。

 こうなるとどっちが女か分からなくなる。彼氏君の方が乙女だわ。

 
 ひかりは考え方もざっくりしてるし どこかいつも冷めてる。

 例えば ひかりには毎晩電話で話す親友がいるんだけど

 その親友がグチグチ泣き言を繰り返すとイライラするらしく

 本人に 「グチグチ言うな!もうお前とは話したくない! って怒る。 

 怒られた親友はしょんぼり。

 当然次の日は気まずくて親友は電話をしてこないから

 ひかりから電話して 「お前気にしてるんやろ。」

 「・・・別に・・・・。」 で、仲直りしてまた毎晩の電話が始まる。

 一応フォローはしてるようだけど なんか・・・男みたいだ。


 こんな冷めた子に育てた覚えはないんだけどなぁ?

 そうひかりに言うと

 「育てたように子供は育つんだよ。」 と言う。

 
   いや、そこまで男っぽく育てた覚えねーし。おかしいなぁ?

  どこで間違ったんだろう?

 
   でもこんな子を好きだと言ってくれて

     結婚したいとまで言ってくれる彼氏君がいて感謝だわ。

  
   ま、先の事は分からんから別れるかもしれんし。


    て またひかりが冷めた事言った・・・。

 アホか!!あんな上玉の彼氏もう見つかんねーから
      絶対逃すな!!


 
 


          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村
スポンサーサイト

2017年07月18日 (火) | 編集 |


      庭の米桜に赤い実がなりました。

    米桜2_convert_20170718125325


     ひかりが幼い頃はよく採って食べてました。

    米桜_convert_20170718125106



    さてさて、我が家の階段は吹き抜けになっております。

    相変わらず写真が下手なのでアングル悪し。(´・ω・`)

    この階段の上の天井にちょっとした異変が起きたのです。

    階段_convert_20170718125035

     写真に 「ここらへん」 と矢印してある場所にある日

     黒いシミが浮かんできました。それは日々徐々に大きくなり・・・

     直径5センチくらいの丸っぽい大きさになったでしょうか。

     目立ってきました。

    ひかりが 「お母さん天井の黒いの何?」

    「分からん・・・カビじゃないかなぁ?」

    「カビ~?今までカビなんて生えた事ないじゃん。」

    「でもあれはカビやし。どうやって掃除しよう・・・。」

    「長い棒の先にハイタ―含ませた布つけてそれでハイタ―塗るとか。」

    「うん・・・それしかないなぁ。」

    なんせ高い場所なんで手も届かない。ったく厄介な所に・・・。

   
    そんな事を思ってたら 昨日ひかりが

    「お母さん天井掃除したんだ。きれいになったね。」

    「はぁ?掃除なんかまだしてないし。」

    「でもカビ無いよ。」

    「うそ~ん。」

    見に行ったら本当に何もない。写真の通り白い。

     なんで!? (;゜0゜)


    忽然と姿を消した黒いカビ・・・。いや、カビなら消えるはずない。

    カビじゃなかったらいったいあれは何だったんだろう?

    「・・・虫の卵とかやったんかな?」  

    「ぎゃー!気持ち悪い事言わんといて!! 卵やとしたら

    天井きれい過ぎやし!!跡も何も残ってないやん!!」


    「うん・・・そうやなぁ・・・。」

    
        まったくもって不思議でならん





          よろしければ押して下され~
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村




2017年07月17日 (月) | 編集 |


   昨日はおばたんの心のダーリン(大野智)主演の映画

    忍びの国 観て来ました~~~

    パンフレットも買ったよ~ん❤

   忍び_convert_20170717065514


   おばたんが映画館に行く なんて滅多に無い事です。

  なんせパニック障害持ってるので 何かと苦手な事が多いわけで

  閉ざされた空間は特に苦手。 思えば子供の頃から苦手だった。

  小6の修学旅行の時行ったプラネタリウム 

  おばたんは館内が暗くなった途端心臓がバクバクして恐くなり

  席を立つとドアを開けようと必死に叩いた。

  本当は開けちゃいけないドアだったけど先生が来て係員が

  特別開けてくれた。

  それ以来映画館も恐くて 若い頃はデートの途中で逃げ出すことも度々。

  パニック障害の種はその頃から持ってたのかもしれない。


  そんな恐怖感を押してまでも会いたいおーちゃん。

  前回の怪物君の映画の時はひかりに付き添ってもらったけど

  おばたん、緊張から寝てしまった・・・なんという失態!!ガッデム!

  今回ひかりは 「ひかり 『銀魂』 観たいな。」 と言う。 

   おばたん一人だ・・・。

  行けるのか?大丈夫なんか?(:ー_ー)

  でも絶対観たい! ドキドキしながら館内へ。絶対寝ないぞ!

  
   映画・・・おーちゃんがとってもいい演技だった

  あああ、やっぱりおーちゃんは凄い!惚れただけある!

  これはDVD出たら買いだ!何回でも観たい。

  妻役は石原さとみちゃん。 ああ、石原さとみになりたい!!

  おーちゃんがあまりにも可愛くてカッコよくて映画はあっという間に終わった。

  恐怖感に襲われることも無く 眠気に襲われることも無く

  普通の人と同じように映画を楽しめた。 大進歩

  旦那は おばたんがひかりと2人で観たと思ってたらしく

  おばたんが一人で映画を観たと知って

 「よう一人で観てこれたな。すげーじゃん。

  へっへっへっへ、これもおーちゃんへの愛の力


  でもやっぱりかなり緊張してたのか どっと疲れが出て

 早々に帰った。 帰宅してうっかり寝てしまって気付いたら夕方5時56分。

 うわぁぁぁ!!(@ロ@;)

 慌てて台所へ走ったら義母が冷蔵庫から余もの出してくれてる最中だった。

 「夕飯の用意してないしびっくりしたよ

 幸い余もの多かったし トマト切って鯖の缶詰開けて適当に。

 義母 「疲れて寝てまったか。

 「うん・・・ごめん(ー_ー:)」

 夜も9時ごろには寝てしまった。 どんだけ疲れたんよ(>▽<)

 
 しかし映画観るだけでクタクタになるんだから

 ほんと情けないもんだわぁ。

  
    ところで 銀魂 おばたんも観たかったな・・・。



  

          ポチっとお願い❤
          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村



 


2017年07月15日 (土) | 編集 |



 昨日は『先日断り切れず予約してしまった自宅エステ』の日。

 某化粧品会社のセールスウーマン近所の娘さんと

 そのボス(おばたんのママ友)が意気揚々とやってきました。

 近所の娘さんは26歳 すでに子供が2人。

 でも夢だったエステティシャンになりたくて今から頑張ってます。

 その第一歩として化粧品会社の営業に飛び込んだそうな。

 なので今はお肌のサンプル集めたり、美顔器の使い方等

 練習させてくれる人が必要なのだとか。

 おばたんもその練習台の1人です。

 おばたんはあくまでも客ではなく練習台として協力してる。という気でいます。

  我の屍を超えて行くがいい!!

  
 ま、兎に角ねちょねちょの美顔器が終わりやれやれと思って目を開けたら

 目の前には化粧品がズラリと並べてあった。

   え?化粧すんの?(・_・:)

 おばたん化粧が嫌いなので前回は断ったけど

  今回は逃げられない雰囲気・・・。( ̄∀ ̄:)

 否応なしに当たり前のように始まったお化粧。

   17化粧

 出来上がった顔面修復の化粧にママ友は

 「こむぎさん、すっごくキレイよー!(*^。^人)
 
 勿体ない、いつもお化粧すればいいのに!」



 でもおばたんにはどう見てもババァが無理やり若返ろうとする

 無駄な抵抗って感じの似合わない化粧にしか見えない。

     17化粧2

  2人が帰った後ひかりに顔を見せたら

 「変。似合わん。化粧して老け顔が更に老けた。」

 身内は正直である。 しかし同意見だ。

 顔が気持ち悪いのですぐ洗顔して化粧を落したらサッパリした♪

 やっぱおばたんはスッピンが一番落ち着く。


  この自宅エステ あと3回ある・・・。

   確かに基礎化粧品3品がついて4回の自宅エステで

  3千円はお得半端無いけど おばたんには向かないな~。

  人間 歳を取ればそれなりに老けて行くもの。

  もうこの歳になると何歳に見えようとどうでもいいと思ってる。

  笑顔で人とお喋り出来ればそれでいい。

    笑顔が一番若さを表すんじゃないかな? ←負け犬の遠吠え

  



          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
          にほんブログ村

2017年07月13日 (木) | 編集 |


  義母に 「飴を2袋買ってきて。」 と頼まれた。

 義母 「おじいさんったら飴を噛んで食べてまうんよ。

   気が付くともう無くなっとるしほんとよく食べる人やわ。」


 だからさぁ、じいちゃんの目の前に食べ物を置いてるのがイカンのやろ。

  文句言うくらいなら隠しておけばいいのに。(ー~ー)

 義父母の居間には年がら年中お菓子が炬燵の上にある。

 そりゃじいちゃん食べるに決まっとるやろ。

 腹が立つならまずはこの悪習慣を断ち切りなはれ。


  飴・・・義母はフルーツ系は嫌だと言う、

  てことは ミルク系かじいちゃんの大好きな甘露飴か? 

  でも甘露飴は溶けるから今の時期は嫌だと言う。

     飴ごときに 難しいわい!( ̄∀ ̄:)

 
 まずはコンビニ行ったけど これといった飴を発見できず。

 結局いつものスーパー行って探した。

 どれにしよう・・と悩んでたら すぐ側でものすごい荒い息が聞こえた。

 「ふぅ~!ふぅ~!ふぅ~!」

 振り返ったら巨体の男性。知的障害者の人だった。

 大きい目でおばたんを睨んだ後 飴を掴んでは離しを繰り返し

 こちらを見ておばたんの持ってる籠を掴むとぐいぐいと引っ張る。

  ひ~~~恐いよ~~

 と、そこへ保護者と思われるおばあさんが来て

 「ヒデ君、お菓子は一つだよ!」

 「うわぁぁぁ!!うわぁぁぁ!!」 叫ぶ男性


  お、お、おばあさん!「お菓子は一つ」はどーでもいいから!

 この状況をなんとかして!!おばたんお菓子ちゃうでー!!

 男性はやっと籠を離しておばあさんの元へ移動した。

  マジ恐かった~。叩かれるかと思った・・・


 すぐ近くに男性がいるのが恐くて飴なんか何でもいいや!

 って塩飴と抹茶ミルク飴 籠にブチ込んでさっさとその場を離れた。


  あの男性はきっとおばあさんの息子さんなんだろうな・・・。

  おばあさん、この人を遺して逝くのきっと心配だろうなぁ・・。

  
   身内が障害を持って産まれても不思議じゃないのに

   でもどこかで自分には関係のない事って思ってる。

   そして障害者に対しての対処の仕方も分からず ただ恐いと思ってしまう。

   良い人ぶりたいおばたんは障害者も健常者も同じよ!

   って言いたいけれど本音は ・・・恐かった・・・。

   やっぱり平等には思えない自分がいることに

   自分ってやな奴 と思う

  

  

          にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
           にほんブログ村